簡単にダイエット!成功ロードTOP > 簡単ダイエット法のススメ > 体重を減らすには?注意点と対策法

体重を減らすには、どうしたらいい?

体重を減らすには、どのようにダイエットを進めていったらよいのでしょうか?

まず大前提から言うと、体脂肪を落とさなければダイエットする意味がない、ということです。人間の体は体脂肪以外に、筋肉や水分(血液や体液)、骨などのミネラル、臓器などで構成されています。短期間でダイエットできるからといって、減っているものが筋肉や水分だとしたら、それは間違ったダイエット法と言わなければなりません。

体重計に乗って短期間で5キロやせて、にんまりとしても、それはほとんどが筋肉の減少であろうと推測できます。なぜなら体脂肪は、そんなに短期間で減るものではないし、筋肉のほうが重量が重いために、一気に減るとしたら筋肉ということになるからです。

体重を減らすには、体脂肪を減らすようにして、筋肉のほうは維持しなければなりません。そのためには短期集中ダイエットは、まやかしのダイエット法ということになります。体脂肪というものは、短期間で落とそうとすると、ホメオスタシスが働いて、できるだけ脂肪を蓄えて節約しようと働くからです。

過度な食事制限によって摂取エネルギーを極端に落とすと、筋肉が落ちて行きます。ホメオスタシス(恒常性)が働くというのなら、筋肉も減りづらいのでは?という疑問を持たれる人がいるかもしれません。しかし、極端な食事制限下においては、脳へのブドウ糖供給が不足することになります。そうなると脳の栄養源を確保するために、筋肉を分解して糖質を作り出すのです。そちらのホメオスタシスが働くのです。

体重を減らすには、なぜ体脂肪を落とすべきなのでしょうか?なぜ筋肉を減らしてはいけないのでしょうか?それはご存じのように、筋肉は基礎代謝の約4割を占めるからです。基礎代謝量は、1日の消費カロリーの約7割になるため、これをいかに増やすかが、ダイエット成功の鍵を握っているといっても過言ではありません。筋肉が消費するカロリーは基礎代謝の4割ですから、筋肉を減らさずに増やしていくことが、痩せやすい体質を作っていくことになるのです。

体重を減らすにはどうしたらいいかと考えている人は、筋肉を減らさないダイエット法を実践していくことが大切です。食事の量を激減させて短期間で痩せる目標を立てると、どうしてもホメオスタシス(体内を一定の状態に保とうとする自動制御機構)が働いて、脂肪を使わないようになってしまいます。

朝抜きダイエットとか夕食抜きダイエット、低カロリー置き換え食品、炭水化物抜きダイエット・・・こういった方法は、一気に摂取カロリーを減少させるために、体内に備わったホメオスタシスが発動します。その結果、体脂肪が減りづらくなるのです。それだけではありませんでしたよね?不足したブドウ糖を糖新生するために、筋肉を分解するので、筋肉量がどんどん減っていってしまいます。そうなると基礎代謝量が減るので、ますます痩せにくい体質となってしまうのです。

体重を減らすにはどうすればよいか?・・・その答えは長期的な計画を立て、ゆっくりと痩せていくやり方になります。それは言い換えると、当サイトで主張しているように簡単にダイエットしていきましょう!という結論になります。簡単な方法であれば、けっして無理な食事制限はしませんし、ストレスのある運動はしません。自分の気の向くままに運動して、食べたいものは食べてよいのです、腹八分目の食事量と栄養バランスの取れた食事内容でさえあれば・・・。

筋肉を減らさずに体重を減らすには、調子の悪いときは堂々と休んでください。
これが出来るかどうかがダイエット成功のポイントです。辛いときでも、欠かさずに毎日ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすべきだとお考えですか?筋肉痛でも我慢して、激しいダイエットDVDを頑張るべきだとお考えですか?それは、むしろダイエットのスピードを遅らせることになります。

ストレスホルモンとDHEA

人はストレスを感じると、脳の視床下部からACTHという副腎皮質刺激ホルモンが分泌されます。短期的な反応では、交感神経系を伝達してアドレナリンやノルアドレナリンを分泌させます。このホルモンはダイエットの味方であり、脂肪燃焼を促進させます。しかし、問題はゆるやかに発生するストレスです。

慢性的にストレスがかかると、ACTHが副腎皮質に伝わって、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールを分泌させます。コルチゾールの分泌はストレス反応ですから、血糖値や血圧を上昇させます。アドレナリンのように即効的なストレス反応ではなく、長期間にわたって血糖値を上昇させるので、高血糖から糖尿病の危険が出てきます。しかもどこからブドウ糖を作り出すのかというと、筋肉を分解して糖新生するのです。

コルチゾールが増えると、同じ副腎皮質ホルモンであるDHEAを減らすことになります。DHEAはコルチゾールと反対の働きをするホルモンで、脂肪を燃焼したり、若返りを促進したり(アンチエイジング)、筋肉量を増やすといった役割があります。どちらもコレステロールを原料として作られるために、コルチゾールが多く産生されてしまうと、DHEAを作る材料が不足するのです。そのほかコルチゾールが増えると、免疫力が落ちて病気にかかりやすくなったり、成長ホルモンの分泌を阻害したりもします。

つまりストレスがかかると、極端な食事制限をしたときと同様に、筋肉を減らしていってしまうのです。ですからストレスを感じながらの運動は、かえって脂肪を増やしてしまうわけです。体重を減らすには、食事でも運動でもやりすぎは禁物ということです。

 

ダイエットというと、どうしても体重計にのって体重が減ることが喜びとなりがちですが、そこには危険が潜んでいるわけです。短期間のダイエットは筋肉を減らします。そうなると当然、体重は減りますが、それは消費カロリーが減少していることを意味します。近い将来、間違いなくリバウンドして、かえって太ってしまう危険を秘めているのです。

ダイエットにおいては、体重を減らすにはどうすればいい?と考えるのではなく、体脂肪を減らす方法をこそ考えるべきだということです。