簡単にダイエット!成功ロードTOP > 簡単ダイエット法のススメ > 食べてすぐ寝ると太るって本当?

食べてすぐ寝ると太ると言われますが・・・

食べてすぐ寝ると太ると、よく言われます。
格言か何かに「食べてすぐ寝ると牛になる」ともあります。食べると、胃腸に血液が集中するので、脳への血流が少なくなって眠気が出てくると以前は言われていました。でも昼寝に関しては、この説は間違っていたようです。昼に眠くなるのは、眠気の半日周期によります。つまり体温が上昇する直前(2時ごろ)と、下降する直前(夜中の2時ごろ)がもっとも眠気があるわけです。

さて結論から言うと、1日のなかで食べては寝て、また食べては寝てを繰り返せば、摂取カロリーは増えますし、消費カロリーのほうは減るので、当然太りやすくなります。リラックスして横になっているほうが、消化・吸収がよくなります。しかし昼食後にちょっと昼寝したからって、それが肥満に直結すると神経質になることはないでしょう。

むしろ、食べてすぐ寝ると太るといわれるのは、夜間に関してです。
たとえば仕事で遅くなって12時くらいに帰宅して、夕食を摂ってすぐに就寝する場合。これが習慣化すると、食べたものが消費されませんから、脂肪に付きやすいといえます。ふつうは夕食を摂ってから寝るまでに時間があるので、その間にある程度のカロリーを消費できるものです。

夜は食べてすぐ寝ない〜その効果とは?

夕食を摂ってから寝るまでに時間を空ければ、胃を空っぽにして寝付くことができます。そうなると睡眠に入ってから胃が活動しないので、胃が健康に保たれます。睡眠中は胃腸の消化・吸収能力は鈍るので、寝る前に食べると、起きたときに消化不良を起こして胃がもたれるということになりかねません。そうなると食欲が出ずに朝食抜きダイエットのようになってしまい、便が押し出されず便秘になります。食べてすぐ寝ると、朝食を食べないので栄養不足になってしまい、ダイエットにとってマイナスになります。

寝る直前に食べなければ、胃腸の作業が楽になるぶん、睡眠が深くなる効果が期待できます。睡眠が深くなるということは、ノンレム睡眠が十分に取れるということ。このときには、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンの働きとして、脂肪を分解・燃焼するというものがあります。人は、寝初めが深い睡眠であれば、成長ホルモンをより多く分泌するので、脂肪がたくさん燃えていくのです。寝る前の少なくとも3時間は食べないことによって、胃が休まれば、寝ている間に脂肪が多く燃えるということです。

ここで一つ疑問が出てくるかもしれません。
運動もしてないのに、脂肪って燃えるの?ということです。人はとくに運動をしなくても、骨格筋や褐色脂肪細胞で脂肪酸を燃やすことができます。この働きを可能にするものを、UCP(脱共役たんぱく質)といいます。日本人はこのUCPが少ない傾向にあるといわれていますが・・・。

食べてすぐ寝ると太ると言われるのは、成長ホルモンの分泌を阻害するからです。そのほか寝ている間は、自律神経のうちの副交感神経が優位になっているので、脂肪を溜め込む働きが強くなっています。そのため寝る直前に食べたものは脂肪に変換されやすいのです。

そのほか寝る前に食べてしまうと、明け方に分泌されるストレスホルモンのコルチゾールも出なくなってしまいます。これは寝ている間に、脂肪などを分解して血糖値を上げる役割があります。このホルモンのおかげで、だんだんと睡眠が浅くなっていき、覚醒に至るのです。もし寝る前に食べてコルチゾールが出ないと、寝起きが悪くなり、長時間睡眠を取っても熟睡感が得られないことに。

十分な睡眠を取っているにもかかわらず、睡眠不足状態になるのです。
人は寝不足になると、脂肪細胞から分泌されるレプチンというサイトカインの量が減少します。これは脳の満腹中枢に働きかけて食欲を抑制する働きがあるため、ダイエットには欠かせません。しかも寝不足になると、胃で作られるグレリンが増えてしまいます。これは食欲を増す働きがあるので、食べてすぐ寝ると太るというわけです。

寝る前に食べ過ぎると、睡眠中に脂肪が燃焼されなくなり、日中は食欲が増して食べ過ぎてしまうのです。コルチゾールは明け方に分泌されることによって、寝起きをよくしていると述べましたが、寝る前に食べると、翌日起きている間中、コルチゾールレベルが高まる危険が考えられます。コルチゾールが明け方に分泌されることは、生理的なもので健康にとって大切ですが、1日中コルチゾールレベルが高い状態というのは、ずっと血糖値が高いことを意味し、糖尿病の危険が出てきます。

つまり食べてすぐ寝ると太るだけではなく、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こすのです。これが慢性的に習慣化すると、動脈硬化から虚血性心疾患や脳卒中に発展しかねません。女性の場合は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌低下をもたらし、脂肪が燃えづらくなります。骨がもろくなり、筋肉量が減少してダイエットに失敗する危険が出てきます。ダイエットと睡眠は、このように密接に関わっているのです。

 

ダイエットというと過酷な食事制限や、激しい運動を想像しがちですが、これではどうしてもストレスが溜まってしまいます。当サイトでは簡単にダイエットすることによって、ストレスなく楽しく痩せていく方法を提唱しています。もしも、あなたがこれからダイエットしようとするのなら、食事制限よりも、まずは食事の時間帯を気をつけ、深い睡眠を取れるように工夫することから始めてみてはいかがでしょうか?そうすれば食欲が収まるので、食べ過ぎることがなくなります。

食べ過ぎなければ、必然的に摂取カロリーが消費カロリーより少なくなります。
しかも寝ている間はプチ断食状態であり、どんどん脂肪を燃焼できるのです。まさに、寝るだけダイエットですね。食べてすぐ寝ると太る・・・これは本当です。反対に、この点に注意するだけで、簡単にダイエットで痩せることも可能なのです。